2014年5月アーカイブ


引き続き、アナと雪の女王ネタですが、映画を見る前に
ユーチューブで松たか子が歌っているlet it goを見て、
映画を見終ってからも、何度か見ていて気が付いたことがある。

ユーチューブでlet it goを歌っている場面で、歌っている口の
動きと歌詞が合っているということ。

まてよ。本来は英語で歌っているので、日本語の歌う口の動きは
異なるはずなのに、合っている。

そこで、英語の翻訳がでている動画があったので、見てみると
本語訳とは結構異なっている。

その秘密を探るべく、いろいろ調べていたら、


吹き替えの監修を行っているのが、
ディズニー・キャラクター・ヴォイス・インターナショナル(DCVI)
というところで、世界中の17カ国にオフィスを持ち、
55か国語もの吹き替えを行っている会社だという。

なるほど。
英語の口の動きに合わせて日本語訳を意味にそった適切な
意訳をしているので、どこの国でも違和感なく歌と合っている
映像を見れているわけですね。

ということで、日本語訳の方もはりつけておく。



先日、アナと雪の女王の映画を家族で見に行った。
映画自体は、そこそこ見ている方だが、アニメは久しぶりだ。

この映画、話題になった原因はいくつかあると思う。
ざっと挙げてみると

・ユーチューブで、キーポイントとなる歌(let it go)の歌の部分がアップされている(英語、日本語)
・日本語の声優がすごくよい(松たか子、神田沙也加、 ピエール瀧)
・松たか子の歌(let it go)がやけにうまい
・MayJもテレビでカラオケの番組で有名だったようだ

があるのだと思う。

そして実際見てみると、子どもを飽きさせない流れになっている。
下の子ども4歳が最後まで見ているとは思わなかったので、ちょっと
驚いている。

そして、一度聞いただけで、なんとなく憶えられる歌詞。
帰りの車の中で、子どもたちは口ずさんでいた。
しかも、もう一度、見たいと言い出す始末。

内容としては、いわゆるディズニーの映画の王道そのものの内容だけど、
普通に面白い映画でした。

その後、近くのツタヤでサントラ買って、子どもと一緒に歌っていたのは
いうまでもありません。

月別アーカイブ

ウェブページナビ

    このサイトを購読する

    RSS登録

    • My Yahoo!に追加
    • Add to Googleに登録
    • はてなRSSに登録
    • ivedoorリーダーに登録
    • エキサイトリーダーに登録

    このサイトについて

    このサイトはSACオフィスが運営しています。 サイト内のコンテンツはインターネット上で情報収集したり、直接調査した情報を掲載しておりますが、内容に間違いなどありましたらお手数ですが、メールフォームからご連絡ください。


    携帯サイトは、下記からどうぞ。 更新!今日の日経産業新聞~特集記事でトレンドをつかめ

    2014年5月

    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    プロフィール

    日経産業新聞で気になった記事を、独断と偏見で自分のコメントと合わせてメルマガ・ブログで配信することにしました。 その時々の備忘録的な意味も含めて書いていますので、利用できそうなところはご利用ください。