2011年7月アーカイブ

「マイクロソフトは勝つまで挑戦するし、それができる会社」

MSでインターネット検索事業を率い、グーグル対抗策を練る
チールー氏はこう語る。

インターネット検索、クラウド、スマホと攻防の舞台が
ネット上へ移行するに従って存在感を弱めてきたMS。

だが、SNS世界最大手フェイスブックとの間で築き上げた
深い関係が今後活きてくる可能性がある。

MSがフェイスブックに2億4000万ドルの出資を
したのは2007年。当時の算出した企業価値は
約1兆1700億円とMSの評価は高すぎると指摘された。

現在のフェイスブックの企業価値は、約5兆~7兆とも
いわれる。

また、ネット通信ソフト大手スカイプの提携についても
85億ドルでの買収はどう考えても高すぎるといわれて
いる。

そして、ヤフーとの提携、低迷が続くノキアとのスマホ
共同開発と、いずれも評判がよくない提携の評価が
180度変わる可能性もある。


──────
■編集後記■
──────

オンラインでとある人と話をする機会があり、
雑談交じりにすすんでいたのだが、彼は、なぜなぜ?
しょっちゅう質問しまくりの人だった。

ちょっと、どんどん答えの内容が薄くなってきそうな
感じだったので答えるのもちょっとしんどくなって
きていたのだが、どんどん答えが抽象化されている
ことに気がついた。

これ、自分で何か考え浮かんだときも、したほうが
いいなぁ。


───────
■語録・名言■
───────
「聞いて下さい。私は倒産しました。
恋人も失いました。選挙に8回落選しました。」


「私もだよ。それが何か?」

アメリカ大統領
エイブラハム・リンカーン

NTTファシリティーズは昼間のピーク電力使用量を
抑えるために使える太陽光発電システムを開発した。

太陽光発電パネルに鉛蓄電池を併用し、天候に左右されずに
昼間に一定の電力を賄える。

施設の規模によるがピーク電力を2割程度抑えられる。

太陽光発電は発電量が不安定だが、蓄電池と併用し、
ピーク電力を確実に抑えたいという需要が高まっている。


──────
■編集後記■
──────

夏風邪でダウン中。
家にこもって作業をすすめることにしよう。。


───────
■語録・名言■
───────
収穫の法則──蒔いたものしか刈り取ることはできない。
そこに近道はない。

スティーブン・R・コヴィー(経営コンサルタント)

米ヤフーが主力のディスプレー広告で苦戦している。19日に
発表した4~6月期決算は売上高が23%減の2900万ドルとなり
市場予想を下回った。

会社側は組織再編が主因と強調するが、米グーグルや米フェイスブックとの
競争が激化しているのも原因と見られている。

ヤフーは2009年にMSと提携し、検索連動型広告はMSと
一体運営に切り替えた。

グーグルが圧倒的に強いこの分野から距離をおき、
ディスプレイ広告に経営資源を集中したが、伸び
悩んでいるようだ。

日本では、そもそも別物だから関係ないけど、
インタレストマッチという広告があるが、
これは、なかなかいいと思うんだけどねぇ。w


──────
■編集後記■
──────

ブラウザをIE9にバージョンアップしてみたが、
いまいちだなぁ。w

最近は、グーグルクロームをよく使うように
なってきた。


───────
■語録・名言■
───────
世の中には幸も不幸もない。ただ、考え方でどうにもなるのだ。.
 
ウィリアム・シェイクスピア

インターネット検索世界最大手米グーグルと中国当局の
間で検閲を巡る対立が続くなか、米中間で新たなネット摩擦が
生じている。

米国で上場した中国ネット企業の開示情報の信頼性が
損なわれたことをきっかけに、株価が軒並み下落。

米国上場したネット企業の河畔が公募価格を割り込んだ。

一方、ネット検閲を巡るグーグルと中国当局の対立も
深まるばかりだ。

中国当局はGメールの利用を妨げる措置をとり、
Gメールの利用に頻繁に支障が出ているという。

様々な要素が入り交じる中国市場とどう向き合うのか、
改めてスタンスが問われることになる。


──────
■編集後記■
──────

読書方法を、速読したり、多読したり、熟読したり、
それはそれは、いろいろ試してきたが、
最終的にいきつきそうなのは、やはり著者との対話という
ことにつきると思う。

つまり、よくいわれる、インプットとアウトプットを
読書中に同時にしてしまうということ。

なので、アウトプットするために本を読むとか
インプットするために本を読むとか、そういうのも
違うのかなと。

読書とは、本来、同時にインプットもアウトプットも
できるものなのかなぁと。


───────
■語録・名言■
───────
Energy and persistence conquer all things.
やる気と我慢強さは、すべてを克服する。

Benjamin Franklin
ベンジャミン・フランクリン

生まれたときからパソコンやインターネットが身近にあり
成長の過程でITを使いこなしてきたデジタルネイティブ世代が
社会に台頭し始めた。

既成の価値観やルールを軽々しく飛び越える彼らの視線は
既に世界に向いている。

そして親世代の理解度も向上しているようだ。
子供らからIT起業したい、アプリ開発したいと相談された
場合、64%が応援すると答えている。

米調査会社ガートナーは、デジタルネイティブたちが、今後の
企業のIT革命をリードする。と答えている


──────
■編集後記■
──────

今週は家にこもります。


───────
■語録・名言■
───────
一番多忙な人間が一番多くの時間をもつ。

アレクサンドル・ビネ

電子部品や素材メーカーを巻き込んで進化を続けて
きたスマートフォン。

半導体はパソコン並み、通信はブロードバンド並みの
能力を持ち、機能面ではゴールに到達しようとしている。

次のトレンドとしては、外の世界とのつながりだ。

電話をとると、通話相手の友人の上半身が画面から
すうっと浮かび上がる。

米IBMは昨年末、5年後のスマホに搭載されているで
あろうイノベーションを公開した。

SF映画のような3次元通話だ。

その他、様々なセンサーをつけることで、体調や気分などの
情感を測定できたり、省エネ化、バッテリーの大容量化、
3Dカメラ、ホログラムなど、今後1年~2年で劇的に変わると
いう予測もある。


──────
■編集後記■
──────

先日できた魚の目が炎症おこして
かなり痛く、歩くのもままならない状態・・・

初めて足の裏に魚の目ができましたが、これほど
痛いとは思ってもみませんでした・・・


───────
■語録・名言■
───────
人生は道路のようなものだ。 一番の近道は、たいてい一番悪い道だ。.

フランシス・ベーコン

月別アーカイブ

このサイトを購読する

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

このサイトについて

このサイトはSACオフィスが運営しています。 サイト内のコンテンツはインターネット上で情報収集したり、直接調査した情報を掲載しておりますが、内容に間違いなどありましたらお手数ですが、メールフォームからご連絡ください。


携帯サイトは、下記からどうぞ。 更新!今日の日経産業新聞~特集記事でトレンドをつかめ

2013年7月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

日経産業新聞で気になった記事を、独断と偏見で自分のコメントと合わせてメルマガ・ブログで配信することにしました。 その時々の備忘録的な意味も含めて書いていますので、利用できそうなところはご利用ください。