2011年6月アーカイブ

新市場を切り開き、生活も変える先端製品が新しい
産業連関図を生み出している。

製品の担い手は部品、素材、関連サービス、ソフト
まで揃い、高度な機能や使いやすさを支える。

完成品自体は、米アップルのアイフォーンや韓国
サムスンのギャラクシーが席巻し、日本企業の存在は
薄いが、部品や素材の多くを日本企業が担う。

業界推定によると約1000点ある部材のうち、4割程度
が日本製とみられる。

金額にすると11年度には1兆円規模まで膨らむと予想
されている。

これほどのスピードで立ち上がる製品は例がないだけに
すそ野産業の広がりようも急ピッチだ。


──────
■編集後記■
──────

今日は夕方1件アポあるが、久々一日作業ができる日。
なんだかんだで忙しいのはみんな一緒なんでしょうねぇ。


───────
■語録・名言■
───────
誰も一夜にして肉体を鍛えようなどとは思わないだろう。
それなのに、こと精神に関しては、すぐにも効果が現れるのが
当然だと考える人が多いようだ。

ウェイン・W・ダイヤー(心理学博士)

米株式相場の下落を受け、今春以降に新規株式公開を
実施した企業の株価が低迷している。

ビジネス向け交流サイトのリンクトインなど、上場初日の
終値が公開価格を大幅に上回った著名な新興企業で株価が
下落する例が目立っている。

今後の上場予定企業には、クーポン共同購入サイトの
米グルーポンなどが控える。

SNS大手のフェイスブックも予定しており、一部ネット
サービスに対する投資意欲は高いが、そのほかの分野では、
IPO計画の見直しなども必要になることも多いだろうと
専門家は話す。


──────
■編集後記■
──────

仕事が決まったり、決まらなかったり。
決まってひっくり返されたり、ひっくり返したり。
6月は、まだ途中だが、結構いろいろある月だ。


───────
■語録・名言■
───────
誰もやりたがらない仕事にはしばしば大きなチャンスが隠れてる。

ジャクソン・ブラウン(米国END Inc.経営者)

5月29日~6月4日 東京・八重洲ブックセンター本店

1.超トヨタ式絶対不可能を可能にする経営
2.組織を変えるマネジメント
3.コンサルティングとは何か
4.通貨を知れば世界が読める
5.もういい人になるのはやめなさい!
6.本物の営業マンの話をしよう
7.マネジメント エッセンシェル版
8.ウォールストリートジャーナル式図解表現のルール
9.もしドラ
10.ストーリーとしての競争戦略

ストーリーとしての競争戦略の
P144~
P172~
P206~
P210~
は、わかりやすくて非常に参考になる。


──────
■編集後記■
──────

エクセルで、ショップに一括商品アップを試しているときに
エクセルを2つ起動したくなったけど、データが入っている
エクセルを起動すると、複数起動ができない・・・

とおもって、調べてみたら、超簡単に複数起動できることが
わかった。


それは、スタートメニューからエクセルを起動するだけ。
あまりにあっけないけど、知らない人がいたらお試しを。w


───────
■語録・名言■
───────
世の中には幸も不幸もない。ただ、考え方でどうにもなるのだ。.

ウィリアム・シェイクスピア

米アップルが今秋、ユーザの音楽や写真などを
データセンターに保存し、異なる機器でも楽しめる
新サービスiCloudを始める。

自前のデータセンターを揃え、安全性を訴えるが
出遅れ感があるとの見方も。

アップル製品だけで使えるクラウドになりそうで、
ある意味他のクラウドとはちょっと違った意味合いに
なりそう。


──────
■編集後記■
──────

なんだかじっくり考える時間が、今週ない。
まぁ、あるってことは暇ってことなんだけど。。w

今日は、昼から事務所で、マンツーマンセミナーを
開催するだけなので、その後、じっくりブレインダンプでも
しよっと。


───────
■語録・名言■
───────
運命がカードを混ぜ、われわれが勝負する。.

ショーペンハウエル

日本経済新聞社は2011年度の設備投資動向調査を
まとめた。

10年度実績と比較した増加額ランキングは三菱
地所がトップとなる一方、減少額は三井不動産が
最大だった。

・増加額ランキング
1.三菱地所
2.JXホールディングス
3.イオン

・減少額ランキング
1.三井不動産
2.セブンアンドアイホールディングス
3.武田薬品工業


──────
■編集後記■
──────

パソコン買い換えたついでに、ディスプレイ1台、
マウス1個、追加ハードディスクなど、散財気味。

マウスにいたっては、ワイヤレスにしたものを
購入したが、相性が悪いのか、動きがかなり微妙。

結局もとのつかっている始末。

最近読んだ、シェアという本にもあったが、
クレジットカードというものが発明されてから、
人の消費行動が以前と比べて活発になったとのこと。

人間は、どうやら、後々のことを考えて消費
行動を起こす人は少ないようだ。

そうして、新商品、新商品へと求めていく特性を
うまく利用した企業がうまくいっているという。

商品の歴史をみていくと、確かにそうだと思える
点が多々あり、いつの時代も、そのときは、物が
十分あり、これ以上いらないという状況のなかで、
販売する新発明をしていっているのが面白い。


───────
■語録・名言■
───────
希望さえあればどんな所にでも たどりつけると決心している。.

出典:ジョジョの奇妙な冒険
キャラ:ジョルノ・ジョバーナ

月別アーカイブ

このサイトを購読する

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

このサイトについて

このサイトはSACオフィスが運営しています。 サイト内のコンテンツはインターネット上で情報収集したり、直接調査した情報を掲載しておりますが、内容に間違いなどありましたらお手数ですが、メールフォームからご連絡ください。


携帯サイトは、下記からどうぞ。 更新!今日の日経産業新聞~特集記事でトレンドをつかめ

2013年7月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

日経産業新聞で気になった記事を、独断と偏見で自分のコメントと合わせてメルマガ・ブログで配信することにしました。 その時々の備忘録的な意味も含めて書いていますので、利用できそうなところはご利用ください。