2011年4月アーカイブ

日本経済新聞社が主要な素材・燃料12品目の企業間
取引価格を調べたところ、合板や家庭紙など約6割の
7品目が東日本大震災後に上昇した。

下落品目はなく、供給源と資源高が相まって価格を
押し上げている。

食品12品目の動向は二極化。
鶏卵などは値上がりし、野菜類などは値下がりしている。

夏に向けて価格が上昇しそうなのが、自動車や包装に
使うポリプロピレンとポリエチレンの合成樹脂。
原油高による影響が大きいと思われる。


──────
■編集後記■
──────

先日、子供と図書館へ行き、子供コーナーで、
ブラブラしていたところ、いままでじっくり見たことなかったが、
いろいろよさげな本があるじゃないですかぁ。。

一般的に難しいと思われていそうな分類が子供向けに
非常にわかりやすい本として出版されている。

例えば、哲学の本。
例えば、仕事の業種の説明した本

子供にもわかるようにしてあるということは、大人にもわかる。
すごく分かりやすい。

例えば、

http://amzn.to/j4WQV4
http://amzn.to/knpyaU

は、大人が読んでもすごくいいと思う。

ってか、とっかかりは、子供向けの本から入っていった
ほうがよさそうだなぁ。


───────
■語録・名言■
───────
私は鳥が歌うように、絵を描きたい。

クロード・モネ(画家)

インターネットがライフラインになった。
震災の発生翌日、午前10時30分、ホンダのホームページに
車が通れる被災地の道路を青線で示した地図が掲載された。

この地図を作成したのは、同社のサービスである
インターナビプレミアムクラブの会員130万人。

震災をきっかけにネットが貴重な情報源として、
新たな役割を果すさまがみられた。

震災関連で個人のアイデアを集約・整理したサイト

・ウェザーニューズ
・オウケイウェブ
・クックパッド
・グーグル
・計画停電MAP
・日本アンドロイドの会
・野村総合研究所
・マイスター(函館市)


──────
■編集後記■
──────

TTPという言葉を聞いたことはありますか。

一番最初に出会ったのは、トリンプ社長吉越さんの本で
読んだ記憶がある。

その後、平成進化論というメルマガで見かけ、地元の
経営セミナーで講師の方も言っていた。

TTPは、何かと言うと、

「てっていてきにぱくる」略だという。

てっていてきに。というところがミソだと思う。

単に表面だけをぱくるのではなくて、
一度、抽象化してから概念まるごとぱくる。


───────
■語録・名言■
───────
過去は安い本と同じ。読んだら捨ててしまえばいい。

出典:ヤングガン

全日本空輸が21日発表した3月の国内線の旅客数は
277万9665人と、前年同月比で19.7%減った。

東日本大震災を受けて減便や欠航を実施したことや
旅行のキャンセルが響いた。

国際線は10.5%減の41万3185人。

足元では国内・国際線とも下げ止まっているとして
いるが、東京電力の原子力事故もあり今後の
需要は不透明だ。


──────
■編集後記■
──────

花粉症が少し治まってきたか・・・
今日の朝はなんともなかった。


───────
■語録・名言■
───────
好機は、それが去ってしまうまで気づかれないものだ。

出典:ミゲル・デ・セルバンテス・サアベドラ
著者:ドンキホーテ

4月~6月の電子部品、材料価格は、DRAMや
NAND型フラッシュメモリー、HDDなど多くの品目が
上昇しそうだ。

東日本大震災による生産設備の被害や電力不足で
主要部材の供給不安が強まっているためだ。

ただ、最終製品の販売が勢いを欠く品目もあり、
価格の見通しにくい面もあるようだ。

震災の影響を大きく受けるのは半導体メモリー。
DRAMは1月~3月までの下落から一転して上昇傾向に
向かう。


──────
■編集後記■
──────

フェイスブックの創業者マーク・ザッカーバーグの本を読んだ
http://amzn.to/gVo93I

フェイスブックの映画も見たが、こちらの方がフェイスブックの
思想などがわかると思う。

しかし、アマゾンでは本の分厚さはわかりにくいが、届いてみて、
以外に分厚いことに驚き。200ページぐらいの本かなと思ったら、
500ページごえの本でした。w


分厚いといえば、神田昌典氏の新刊(監訳ですが)。
http://amzn.to/dMbXbB

700ページのボリュームでしたが、文字が大きめだったので、
あっさり読めてしまいますが、改めて、過去の偉人達の
苦労の結晶というところか。


次に読んだのがこれ。これも450ページのなかなかのボリューム。
http://amzn.to/eXC7GY

思ってたよりは読みやすかったけど、人に紹介されないと
なかなか買わないと思うけど。。


───────
■語録・名言■
───────
老年は山登りに似ている。登れば登るほど息切れするが、視野はますます広くなる。

イングマール・ベルイマン
(スウェーデンの映画監督・脚本家)

東日本大震災から1ヶ月経過した。日本経済新聞社が主催企業に
聞いたところ、10日辞典で粗鋼やガソリンなど基幹素材や
燃料の生産能力は震災前の8割~9割まで回復。

一方、部品・素材の調達難などを受け、自動車や半導体
ウエハーなど、回復水準が5割程度の事例もある。

・ガソリン・軽油 約8割回復
・プラスチックなど 約9割の設備回復
・半導体メーカー 約5割
・自動車 約5割

今後の復旧に向けたネックとしては、電力制限を挙げる
企業が多い。


──────
■編集後記■
──────

ふと、何気に量子論という学問を知り、何気に本を読み始めて
みましたが、今の、物理学ってこんなんなってるんだ・・・と。。

佐藤勝彦氏が書いた本が読みやすくてGOOD

相対性理論と量子論
量子論がみるみるわかる本
タイムマシンがみるみるわかる本
宇宙はわれわれの宇宙だけではなかった

など、いいですね。すべて500円というありえない安さ・・・


───────
■語録・名言■
───────
己の心の邪に勝てよ!!

漫画「八雲立つ」海潮

東日本大震災以降、ツイッターでの支援要請が急増しているなか、
つぶやきの内容を解析し、仕分けして表示することで、
支援を効率化しようとする企業が増えている。

野村総研や北海道のベンチャー会社が無償でサービスを
提供している。

ツイッター上のつぶやきは、消費者の生の声など情報の
宝庫である反面、デマやニセ情報も多い。

選別し整理する仕組みが定着すれば、新たなサービスに
つながる可能性を見出している。

震災時にツイッターがサクサク動いたのは、やはり
ワンパケットで情報送れたから。

多くの文字を入力できないからこそ、逆に活きた形だ。
ブームになり、少し熱が冷めてきたところに、今回の利用で
また、利用者も増えるかもしれない。

少なくとも災害対策でアカウントだけでも作っておくのは
いいだろうと思う。


──────
■編集後記■
──────

ちょっと前に、友人がモチベーションが上がらないということで
少し悩んでいた。

そのとき渡した本は、

・GoodLuck
・雨の日も、晴れ男

の2冊。

即、読んでくれたようで、次の日には元気に。www

何かにくじけそうになったら読んでみるといいかも。


───────
■語録・名言■
───────
Every individual has a place to fill in the world and is important in some respect whether he chooses to be so or not.

Nathaniel Hawthorne

それぞれの個人には、この世でやるべき仕事がある。その仕事を見つけられるどうかが、生涯において最も重要なことだ。

ナサニエル・ホーソーン

東日本大震災の発生から3週間。
異常事態での新年度スタートを迎えた。

・NTTドコモがアイフォンなどで使えるミニSIMカードを発売、
一部の輸入品をドコモで使えるようにした。

・家庭の太陽光発電から余った電力を買い取った費用を
電気料金に転嫁する精度が始まった。
標準家庭が電力会社に支払う料金は1ヶ月当り、3~21円
上乗せされる。


──────
■編集後記■
──────

子供と一緒に遊んでいると、あまりの真剣さにハッとする。
大人になればなるほど、今この一瞬の現実に真剣になれなくなるが、
子供は、今遊んでいるこの一瞬一瞬が全て。

家の中でのこと。

何かのきっかけで、家の中で2人でリレーをすることに。
部屋の端から端へ交互に走って、バトンタッチして走るだけ。

バトンタッチの方法を色々変えて、手でタッチしたり、
足でタッチしたりしているうちに、子供は、ハマったらしい。

永遠につづく、このリレー。

リレーが終わったのは、子供がちょっとおもらししてしまったから。

我慢してでもまだ遊びを続けたい。
まさにその一瞬を楽しみたい。そのためだけに、遊ぶ。

本当に楽しかったんだなぁ。遊びたかったんだなぁと。
これから遊ぶときは一緒に楽しんで遊べそうだ。


───────
■語録・名言■
───────
全てが失われようとも、まだ未来が残ってる。

ボヴィー

・パナソニック、三洋電機とパナソニック電工を
完全小会社化

・三洋電機、小型モーター事業子会社を日本電産に売却

・ソニー、長崎県にある東芝の半導体古城の製造設備を買収

・日立マクセル、会社分割で電池事業の日本マクセルえなにー
を設立

・NECワイヤレスネットワークス、NEC東北、NECアンテンが
経営統合

・ITホールシングス傘下のTIS、ソラン、ユーフィットが合併

・第一三共、学校法人北里研究所とワクチン生産の共同出資会社
北里第一三共ワクチン設立

・住生活グループ、トステムやINAXなど傘下の腫瘍子会社を
合併して新会社LIXIL発足

・三菱ケミカルホールディングスと旭化成、水島コンビナートで
石化基礎原料のエチレン事業を統合

・東洋インキ製造、持株会社制に移行

・工作機械会社のシチズンマシナリーとミヤノが統合

・小松、コマツエンジニアリングと、コマツユーティリティを
吸収合併

・コマツNTCとコマツ工機が合併

・ジャルパックとJALツアーズ合併

など

──────
■編集後記■
──────

新学期になり今日からメルマガ再開します。


───────
■語録・名言■
───────
完璧な文章などといったものは存在しない。 完璧な絶望が存在しないようにね。

出典:風の歌を聴け
著者:村上春樹

月別アーカイブ

このサイトを購読する

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

このサイトについて

このサイトはSACオフィスが運営しています。 サイト内のコンテンツはインターネット上で情報収集したり、直接調査した情報を掲載しておりますが、内容に間違いなどありましたらお手数ですが、メールフォームからご連絡ください。


携帯サイトは、下記からどうぞ。 更新!今日の日経産業新聞~特集記事でトレンドをつかめ

2013年7月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

日経産業新聞で気になった記事を、独断と偏見で自分のコメントと合わせてメルマガ・ブログで配信することにしました。 その時々の備忘録的な意味も含めて書いていますので、利用できそうなところはご利用ください。