2010年10月アーカイブ

この夏、香川県の直島、岡山県の犬島など
瀬戸内の島々を舞台に開幕した
「瀬戸内国際芸術祭」に国内外から75組の
アーティスト、愛知県のあいちトリエンナーレには、
130組以上のアーティストが集まった。

ビエンナーレは隔年、トリエンナーレは3ねんごとに
開かれる国際展。

その数は、1990年以降、世界で急増した。


──────
■編集後記■
──────

風邪をひいてしまったようだ。
風邪の初症状には、筋肉痛や肩こりなどもあるようで、
喉の痛みと肩こりになったようだ。

肩こりってどんなのか知らなかったが、こういうもの
なのね。。。

首を曲げるのが結構痛い。


───────
■語録・名言■
───────
笑って暮らすも一生、泣いて暮らすも一生。

出典:ドイツの格言

インターネット利用者の相関図情報である
ソーシャルグラフへの注目が日本でも
高まってきた。

SNS大手がソーシャルグラフ機能の外部連携に
踏み出したほか、ネット広告での活用も進む
見通しだ。

フェースブックも日本進出に本腰を入れており、
国内ネット利用者の人脈図をめぐる主導権争いが
本格化する。

注目すべきは、今後のネット検索やネット広告の
ありかたが変わるかもしれないということ。

検索エンジンが収集した情報ではなく、信頼の
おける人の情報で物事を判断するようになる
可能性もある。

一度は広く大きくなった検索が、違う方向に
すすんでいくのでしょうかね。。


──────
■編集後記■
──────

何かを学習しだすと、知識は少しずつ増えていき
わかることが多くなる。

しかし、同時に、わからないことも多くなる。

そして、わからないことがわかるようになる。。

何か答えを見つけようとした途端、答えは
遠のいていくような気がするし、探し求め
なければ、答えは見つからないが、結局、
探しても見つからない。

つまり、そんなもんだという風に考えられるか
なのかなぁ。なんて思う。


───────
■語録・名言■
───────
現状維持では 後退するばかりである。

ウォルト・ディズニー

米インテルは19日、回路線幅が22ナノメートルの
次世代半導体の量産に向けて60億~80億ドルを
投資すると発表した。

MPUで競合する米AMDが製造の外部委託にかじを
切っており、両者の戦略の違いが鮮明になった。

米AMDはGPUの会社を買収して、MPUとGPUに
強みを持つが、インテルは今のところMPUのみだ。

そして、MPUも体感的には、もう必要ないぐらい
高性能になりつつある。

まぁ、ただ、時代にあわせて負荷も高まるから
まだまだ需要はあるのでしょうけどねぇ。


──────
■編集後記■
──────

モチベーションはどうやったらあがるのか?

その問いに様々な実験から、現代の人には
こうするべき的なことが書かれた本を読んだ。

洋書のタイトルは「drive」

まぁ、内容は、ものすごく簡潔にいうと、
ご褒美はないほうが効果があるということ。

ただ、それを知らない経営者の元で働いていると
結局やる気もあがらずに・・・

経営者の方は軽く目を通しておいたほうがいいかもね。
http://amzn.to/94mXg7


───────
■語録・名言■
───────
勝つことは、人を止める。負けることは、人を進める。

出典:NHK大河ドラマ武蔵

新興国の人口増加や工業化の進展で市場拡大が
続く水ビジネス。

異業種からも世界的有力企業の参入が相次いで
いる。

IT業界からは、米IBMが水ビジネスへの本格参入を
表明した。

IBMの強みは様々なプレーヤーを組織化し1つの
プラットフォームをつくれることだ。

世界展開に際しては各地の地元企業と協力する
形になるが、日本は新参者のレベルで、いまのところ
眼中に入っていなさそうだ。

水ビジネスもそうだが、自動車業界も電子化が進むに
つれ、トヨタVSIT企業となる可能性もある。

まさに業種など関係ない時代になりつつありそう。


──────
■編集後記■
──────

先日、親のノートパソコンの画面が突然暗くなったので
直してほしいと電話があった。

どうも、子どもが、キーボードを触っていたら、急に暗く
なったとのこと。。

ということで、見てみましたが、

うむーディスプレイの設定では輝度の設定がない。。

どうすれば・・・

まぁ、毎度のことグーグルで検索して、輝度の設定は

Fn+↑↓ で変更できるということがわかった。
(デルのPC特有なのかな?)

その後、パソコントラブル関係をいろいろ調べていたら
PC関係のトラブルがうまくまとまっているサイトがあったので
何か困ったら役にたつかも。

http://happy-ritaiya.net/

メルマガも出しているようでした。
http://www.mag2.com/m/0000185676.html


───────
■語録・名言■
───────
怖はつねに無知から発生する

出典:アメリカの学者

ポータルサイト運営のエキサイトは、19日、
利用者の位置情報を基に付近の情報やニュースを
提供する検索するサービスを始める。

独自開発の言語解析技術で、入力した地名、番地
などから経度緯度を割り出して付近の情報を
抽出できるのが強み。

こういうことが大手ポータルでできてくると、
それらを専門にしてきた小型ポータルとの
勝負になってくるが、スマートフォンだと
大手ポータルの勝利でしょうね。

地方ポータルなどの役目がだんだんなくなって
しまうのか。。


──────
■編集後記■
──────

今日は敦賀短大に講師へ。
車での通勤も6回目ともなると
方向音痴の私でもようやく、道が
少しわかるようになってきた。

初回は、余裕を持って出発したのに
あやうく遅刻するところだったし。w

ここ何日か、9ヶ月の赤ちゃんの夜泣きで
ぐっすり寝た感じがしない。w

でも、そういうときの方が、なぜか、
夜の方が目がさえて仕事がはかどったりする。w


───────
■語録・名言■
───────
行動は必ずしも幸福をもたらさないかも知れないが、
行動のない所に、幸福は、生まれない。

ベンジャミン・ディズレーリ


───────
■おすすめメルマガ■
───────
人間に生まれてよかった(*^_^*)
生まれてきてよかった\(^o^)/
 
そんな喜びしってますか?
 
東大数学科から仏教講師になった
オカモンがやさしく生きる
ホントの意味についてお話ししてます。
 
携帯電話の方 ↓に今すぐ空メール 
aM0083405@mobile.mag2.com
 
PCの方は↓をクリック
http://www.mag2.com/m/M0083405.html

...─...─...─...
【 タイトル 】 今日の日経産業新聞~特集記事でトレンドをつかめ~
【発行・編集 】 宇城利浩
【ウェブサイト】 http://blog.sac-office.net/
【ウェブサイト】 http://tool.hp-master.info/web/mm.html
【ウェブサイト】 http://www.sac-office.net/
【 メール  】 info@sac-office.net
【登録・解除 】 http://www.mag2.com/m/0000292445.html
【 免責事項  】 内容は十分調査しているつもりですが、間違いなどが
         ある可能性もございますのでご了承下さい。
【発行システム】『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/

【発刊の目的】http://blog.sac-office.net/cat3/mailmagazine.html

...─...─...─...─...
■裏編集後記■
...─...─...─...─...
さて、次のテーマですが、この本を1章ずつ読んでエッセンスを
まとめてみたいと思います。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4894716577?ie=UTF8&tag=funbescastle-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4894716577

再度、第一章から読み直ししています。w

■第一部第一章

重要なところは、すべて一章に書かれているといってもいい。
ここを軽く流さずに、腑に落ちるまでしっかり読む必要がある。

まず、マーケティングとは偶然生まれるものではないという
ことである。

「マーケティングは技術であると同時に科学でもある」

つまり、訓練すれば、「うまくなる」ということである。
それを、我流で勝手にやるからうまくいかないということ。

そして、マーケティングの定義を最も短い言葉で定義すると

「マーケティングとは、ニーズに応えて利益を上げること」

この一言に尽きる。

これらをマネージメントするために、

「ターゲット市場を選択し、優れた顧客価値を創造し、提供し、
 伝達することによって、顧客を獲得し、維持し、育てていく
 技術および科学」
 
することを、マーケティングマネージメントという。

ピータードラッガーも次のようにいっている。

「セリングの必要性はこれからも続くだろうと考えられる。しかし
マーケティングの狙いはセリングを不要にすることだ。

マーケティングの狙いは顧客を知りつくし、理解しつくして、
製品やサービスが顧客にぴったり合うものになり、
ひとりでに売れるようにすることである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

理想をいえば、マーケティングの成果は買う気になった
顧客であるべきだ。そうなれば、あとは製品やサービスを
用意するだけでいい。」

簡単にいえば、欲しい人に欲しいものを目の前に
見せれば売れるだろうということ。

あたりまえのことだが、これができないから売れない。
だから腑に落ちるまでしっかり読んで欲しい。

ソニーは12日、インターネット検索最大手の米グーグルと
共同開発したネット対応テレビを16日に米国で発売すると
発表した。

満を持して登場した製品はネット利用時に使いやすいよう
リモコンを工夫、価格も従来のテレビとそう変わらないが
来年以降アプリケーションのダウンロードなども可能と
なる。

テレビとしての価格も気を使っているようで、サムスン
電子の46型のネット対応テレビより安い。

こうなってくると、ネット上の動画で十分で、テレビ局の番組は
見る必要なくなるんでは。なんていうことにも、いずれは
なるかもしれない。


──────
■編集後記■
──────

脳科学者の茂木氏が「アハ体験」というわかりやすい言葉を
使って、脳の活性化の様子をひとことで言ってくれているが、

マンガなどでよくある、ひらめいた!という瞬間の電球の
マークってありますよね。

あれって、すごくうまく表現されていて、まさに、脳の中でも
そのとおりのことが起こっているということらしいです。

あまりにもうまく表現されているから、いまでも、
ひらめきの表す絵として電球なのでしょうけどね。

要はひらめきとは、ほんの一瞬だけだが、脳全体に電流が走る
っていうこと。

最近、とある分野のことを教えてもらっているんだが、
その分野ってちまたに出ているビジネス書で一応
一通り学んだつもりだった。

しかし、よくよく考えると根本を良く知っていなかった。
それで、いざ知ってみると脳がピカピカしまくり。w

そういう体験ってたまにありますよね?

もし、最近、あまりそういう体験ないという方へは、
こういう本を是非おすすめします。

これって、答えは必ずあるのだが、答えを知ったら
それ以外に答えはないっていうことが多い問題。

問題を読んだだけではわからないときに、ゆーんと
考えて分かる瞬間があったとしたら、ピカピカ光ってますよ。

きっと。

http://bit.ly/9XsWZw


───────
■語録・名言■
───────
叱ってくれる人を持つことは大きな幸福である

松下 幸之助

インターネット上の広告のあり方が従来型メディアと
ますます乖離してきた。

従来型メディアでは各メディアのリーチや読者・視聴者
の傾向や属性などに応じて広告が出稿されてきた。

ところが、インタネット上では、特に米国で普及が
加速していて、ネット上のあらゆるサイトやページの
広告スペースを一度合算し、その中から、メッセージを
伝えたい集団を抽出して広告を配信する広告メディアの
ネットワークだ。

これは、広告媒体はコンテンツ側のメディアと関係なく
仮想的に成立するものになりつつある。

今後はコンテンツメディア側はどうやって広告収入を
最大化できるのか。知恵が問われることになった。(狂歌人)


──────
■編集後記■
──────

今日は、敦賀短大講師のため敦賀へ。
最近、会社を辞めた友人と早めに向かって、
なぜか敦賀でミーティングすることに。w

どこまで本気でできるかですかねぇ。
うまくいくかどうかは。


───────
■語録・名言■
───────
これをやったら次回でられなくなるんじゃないかなんて
考えないようにしている。

人間いつ死ぬかわからないから、
その時のすべてを出しきりたいんだ。

おれはいつ死ぬかわからないし、
見て...

江頭2:50

271回目

毎日更新!今日の日経産業新聞
~特集記事でトレンドをつかめ~

■パソコン用サイト
http://blog.sac-office.net/

■携帯用サイト
http://tool.hp-master.info/web/mm.html


こんにちわ。宇城です。
では、さっそく、今日の日経産業新聞の
気になった記事です。

──────────
■10月6日配信記事■シーテック開幕
──────────

家電やITの国際見本市シーテックジャパン2010が
5日、幕張メッセで開幕した。

電機各社が3Dテレビや電機自動車関連などの新製品
新技術を披露した。

ただ、会芸企業の出展社数は減っている。

シーテックは商談の場でもあるCESやIFAに比べ
イメージを打ち出す場にすぎないという見方がある。

そのため経費を節減する企業は敬遠しがちだ。

見本市の衰退は国家産業の競争力を示すとも
いわれるなか、うまくアピールできたのですかね。


──────
■編集後記■
──────

最近、読書のコツをつかんできたような気がする。
コツというよりは、本の選別次第なんだろうが・・・

読み方は2通りあって、

・何かを得るために読む本
・著者の理念を知るために読む本

で、何かを得るために読む本は、まさしく
そのとおりで、その本から得たい情報を
得るために読むということですね。当たり前。w

ということは、全部読まないということです。

目次をみて、該当箇所があればそこだけを。
目次をみてわからなければ、フォトリーディング的な
方法で、全体をざっとみて、該当箇所がありそうな
ところだけを読む。

正味、30分~1時間あれば目的は達成できる。


そして、著者の理念を知るために読む本は、これは、
行間までじっくり読む。

じっくりというよりは、繰り返し読んだほうがいい。

これは、その人が何を考えて本を出したのか、
生き様とか理念とか、そういうのを感覚的に
得るために読む。

過去の偉大といわれる経営者や哲学者の
エッセイとかから始めるといいと思う。

いきなりまともな本から読むと、眠くなるし
意味が理解できない部分が多い。

いわゆる、次元が違う人の言葉は、一般人には
理解しがたい言葉を使うのでね。。w

まぁ、これも慣れでしょうが・・・
へぇ、こんなことまで考えていたんだぁって
思えるまで読みこなせれば、きっと、自分の
レベルもあがっているんじゃないですかね。


───────
■語録・名言■
───────
もしあなたが、誰かに期待したほほえみが
得られなかったら不愉快になる代わりに、
あなたの方からほほえみをかけてごらんなさい。

実際ほほえみを忘れたその人ほどあなたからの
ほほえみを必要としてる人はいないのだから。

渡辺和子(ノートルダム清心学園理事長)

...─...─...─...
【 タイトル 】 今日の日経産業新聞~特集記事でトレンドをつかめ~
【発行・編集 】 宇城利浩
【ウェブサイト】 http://blog.sac-office.net/
【ウェブサイト】 http://tool.hp-master.info/web/mm.html
【ウェブサイト】 http://www.sac-office.net/
【 メール  】 info@sac-office.net
【登録・解除 】 http://www.mag2.com/m/0000292445.html
【 免責事項  】 内容は十分調査しているつもりですが、間違いなどが
         ある可能性もございますのでご了承下さい。
【発行システム】『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/

【発刊の目的】http://blog.sac-office.net/cat3/mailmagazine.html

...─...─...─...─...
■裏編集後記■
...─...─...─...─...
さて、次のテーマですが、この本を1章ずつ読んでエッセンスを
まとめてみたいと思います。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4894716577?ie=UTF8&tag=funbescastle-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4894716577

再度、第一章から読み直ししています。w

■第一部第一章


▼基本的なマーケティングのコンセプト、トレンド、タスク

消費者市場、ビジネス市場、グローバル市場、非営利市場という
4つの主要な顧客市場について検討してみる。

■中核コンセプト
・ニーズ、欲求、需要
ニーズとは人間の基本的要件である。人間は生きるために食料、空気、
などを必要とする。レクリエーション、娯楽のニーズも無視できない。

こうしたニーズがそれを満たす特定の物に向けられると、それは
欲求になる。
アメリカ人にとって食料はニーズだが、ハンバーガ、フライドポテト、
ソフトドリンクは欲求である。

こうして区別すると、マーケターがニーズを作るのではない。
ニーズはマーケターより先に存在するのである。
マーケターは他の社会的要素とともに、欲求に影響を与えるにすぎない。

ニーズは、5つのタイプに分類される。
1.明言されたニーズ(顧客は安い車を望んでいる)
2.真のニーズ(顧客は購入費でなく維持費の安い車を望んでいる)
3.明言されないニーズ(顧客はディーラーからよいサービスを期待している)
4.喜びのニーズ(顧客はディーラーがカーナビをつけてくれることを望んでいる)
5.隠れたニーズ(顧客は友人に良い買い物をしたと思われたい)

明言されたニーズに応えるだけでも顧客を納得させることはできるが、
多くの消費者は自分が製品に何を望んでいるのか分かっていない。

市場に出して売る方針から顧客志向の感じ取って応じる方針へ移行が必要だ。

・標的市場、ポジショニング、細分化
マーケターが市場のすべての人を満足させることはできない。
まず市場をセグメントに分けるところから取りかかる。購買者グループを
把握し、それぞれの特徴を分析する。
どのセグメントが最高の機会をもたらすかを判断する。これが標的市場である。

・提供物とブランド
形のない価値提案は、製品、サービス、情報、経験が組み合わさった
提供物として形を与えられる。
ブランドとは、よく知られた製造業者の提供物をいう。

・価値と満足
標的購買者に価値と満足を提供することができれば、その提供物は
成功したといえる。
価値は主として、顧客価値の三本柱と呼ばれるQSP、品質、サービス、価格の
組合せとみなされる。


...─...─...─...─...
下記は、自分の情報をまとめるための備忘録です。
何か思い出したとき、気づきがあったときに、増えていくと思います。

...─...─...─...─...
▼ 得意なスキル
・ ウェブ制作
・ SEO対策
・ PPC広告
・ コンテンツ販売
・ 商品代理販売
・ 速読
・ 将棋
・ オセロ
・ 5目並べ

▼ 取得資格
・ MCP
・ OracleMaster
・ CompTIA
・ MCA
・ 基本情報技術者試験
・ .com Master
・ FP技能検定
・ 簿記検定

▼ ウェブ制作した業種
・ ウェディング業
・ 表札販売
・ 漆器販売
・ カーテン販売
・ 壁紙販売
・ 人材ビジネス業
・ 飲食業
・ 旅行代理店
・ 寿司販売
・ リサイクルショップ
・ 住宅販売
・ 印刷業
・ お酒販売
・ 食品販売
・ 公的機関
・ 不動産業
・ リボン製造業
・ 機械製造業

▼ 価値のある本
・ 学問のすすめ
・ Den Fujitaの商法
・ 神話の法則
・ 影響力の武器
・ 人を動かす
・ 自省録
・ 自助論
・ 類語国語辞典
・ メイキング・オブ・スター・ウォーズ
・ ハイパワーマーケティング
・ ドラッカー名著集
・ 世界一やさしい問題解決の授業

▼ 仲の良い人が経営している業種
・ 広告代理店業
・ 経営コンサルタント
・ 人事コンサルタント
・ 飲食業
・ 人材派遣業
・ システム開発
・ ウェブ制作業
・ 不動産業
・ ナレーター
・ 講師業
・ 映像制作業
・ 物販卸業
・ ブランドリサイクル

▼ マインドセット
・ 古い自分を捨てる
・ 初心者の気持ちを忘れない
・ 知っていると思ったら進化は止まる
・ コントロールできないものをコントロールしない
・ うまくいくことだけ続ける
・ うまくいかないことはすぐやめる

▼ 開発済みシステム
・ ヤフカテ登録システム
・ Youtube用支援ツール
...─...─...─...─...

 

270回目

毎日更新!今日の日経産業新聞
~特集記事でトレンドをつかめ~

■パソコン用サイト
http://blog.sac-office.net/

■携帯用サイト
http://tool.hp-master.info/web/mm.html


こんにちわ。宇城です。
では、さっそく、今日の日経産業新聞の
気になった記事です。

──────────
■10月5日配信記事■ネット利用の不安
──────────

日本人は個人情報がネットにさらされることに
大きな不安をいだいている。

東京大学、東洋大学、NTTの共同調査でこのような
傾向が明らかになった。

ネットに自分の顔写真をのせる、電話番号を書く、
メールアドレスを書く、ウェブ閲覧履歴を収集される、
のそれぞれについて不安を感じる人の割合を
調べたところ、

日本では、63%~85%に達した。

同時に、中国や米国、韓国などでは50%を切る
項目もある中で、日本は全般的に高い。

ここでも、日本の常識と世界の常識は異なる
ようだ。となると、サービスもおのずと世界とは
違うものになる。


──────
■編集後記■
──────

今日は敦賀短大での講師。
今日も、車内で聞く勉強用音声をセットして、
ゆっくりドライブする。

特急だと30分でついてしまうので、ちょっと早い。
鈍行だとちょっとうるさい。

車がいまのところ、集中できていいことに
気づいたのはつい最近。

一番いいのは、誰かに運転してもらって、
勉強用音声聞けたらいいんだけどね。
まぁ、無理だね。w


───────
■語録・名言■
───────
道を知っていることと実際に歩くことは違う。

出典:マトリックス


...─...─...─...
【 タイトル 】 今日の日経産業新聞~特集記事でトレンドをつかめ~
【発行・編集 】 宇城利浩
【ウェブサイト】 http://blog.sac-office.net/
【ウェブサイト】 http://tool.hp-master.info/web/mm.html
【ウェブサイト】 http://www.sac-office.net/
【 メール  】 info@sac-office.net
【登録・解除 】 http://www.mag2.com/m/0000292445.html
【 免責事項  】 内容は十分調査しているつもりですが、間違いなどが
         ある可能性もございますのでご了承下さい。
【発行システム】『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/

【発刊の目的】http://blog.sac-office.net/cat3/mailmagazine.html

...─...─...─...─...
■裏編集後記■
...─...─...─...─...
さて、次のテーマですが、この本を1章ずつ読んでエッセンスを
まとめてみたいと思います。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4894716577?ie=UTF8&tag=funbescastle-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4894716577

再度、第一章から読み直ししています。w

■第一部第一章


▼基本的なマーケティングのコンセプト、トレンド、タスク

消費者市場、ビジネス市場、グローバル市場、非営利市場という
4つの主要な顧客市場について検討してみる。

■中核コンセプト
・ニーズ、欲求、需要
ニーズとは人間の基本的要件である。人間は生きるために食料、空気、
などを必要とする。レクリエーション、娯楽のニーズも無視できない。

こうしたニーズがそれを満たす特定の物に向けられると、それは
欲求になる。
アメリカ人にとって食料はニーズだが、ハンバーガ、フライドポテト、
ソフトドリンクは欲求である。

こうして区別すると、マーケターがニーズを作るのではない。
ニーズはマーケターより先に存在するのである。
マーケターは他の社会的要素とともに、欲求に影響を与えるにすぎない。

ニーズは、5つのタイプに分類される。
1.明言されたニーズ(顧客は安い車を望んでいる)
2.真のニーズ(顧客は購入費でなく維持費の安い車を望んでいる)
3.明言されないニーズ(顧客はディーラーからよいサービスを期待している)
4.喜びのニーズ(顧客はディーラーがカーナビをつけてくれることを望んでいる)
5.隠れたニーズ(顧客は友人に良い買い物をしたと思われたい)

明言されたニーズに応えるだけでも顧客を納得させることはできるが、
多くの消費者は自分が製品に何を望んでいるのか分かっていない。

市場に出して売る方針から顧客志向の感じ取って応じる方針へ移行が必要だ。

・標的市場、ポジショニング、細分化
マーケターが市場のすべての人を満足させることはできない。
まず市場をセグメントに分けるところから取りかかる。購買者グループを
把握し、それぞれの特徴を分析する。
どのセグメントが最高の機会をもたらすかを判断する。これが標的市場である。

・提供物とブランド
形のない価値提案は、製品、サービス、情報、経験が組み合わさった
提供物として形を与えられる。
ブランドとは、よく知られた製造業者の提供物をいう。

・価値と満足
標的購買者に価値と満足を提供することができれば、その提供物は
成功したといえる。
価値は主として、顧客価値の三本柱と呼ばれるQSP、品質、サービス、価格の
組合せとみなされる。


...─...─...─...─...
下記は、自分の情報をまとめるための備忘録です。
何か思い出したとき、気づきがあったときに、増えていくと思います。

...─...─...─...─...
▼ 得意なスキル
・ ウェブ制作
・ SEO対策
・ PPC広告
・ コンテンツ販売
・ 商品代理販売
・ 速読
・ 将棋
・ オセロ
・ 5目並べ

▼ 取得資格
・ MCP
・ OracleMaster
・ CompTIA
・ MCA
・ 基本情報技術者試験
・ .com Master
・ FP技能検定
・ 簿記検定

▼ ウェブ制作した業種
・ ウェディング業
・ 表札販売
・ 漆器販売
・ カーテン販売
・ 壁紙販売
・ 人材ビジネス業
・ 飲食業
・ 旅行代理店
・ 寿司販売
・ リサイクルショップ
・ 住宅販売
・ 印刷業
・ お酒販売
・ 食品販売
・ 公的機関
・ 不動産業
・ リボン製造業
・ 機械製造業

▼ 価値のある本
・ 学問のすすめ
・ Den Fujitaの商法
・ 神話の法則
・ 影響力の武器
・ 人を動かす
・ 自省録
・ 自助論
・ 類語国語辞典
・ メイキング・オブ・スター・ウォーズ
・ ハイパワーマーケティング
・ ドラッカー名著集
・ 世界一やさしい問題解決の授業

▼ 仲の良い人が経営している業種
・ 広告代理店業
・ 経営コンサルタント
・ 人事コンサルタント
・ 飲食業
・ 人材派遣業
・ システム開発
・ ウェブ制作業
・ 不動産業
・ ナレーター
・ 講師業
・ 映像制作業
・ 物販卸業
・ ブランドリサイクル

▼ マインドセット
・ 古い自分を捨てる
・ 初心者の気持ちを忘れない
・ 知っていると思ったら進化は止まる
・ コントロールできないものをコントロールしない
・ うまくいくことだけ続ける
・ うまくいかないことはすぐやめる

▼ 開発済みシステム
・ ヤフカテ登録システム
・ Youtube用支援ツール
...─...─...─...─...

 

269回目

毎日更新!今日の日経産業新聞
~特集記事でトレンドをつかめ~

■パソコン用サイト
http://blog.sac-office.net/

■携帯用サイト
http://tool.hp-master.info/web/mm.html


こんにちわ。宇城です。
では、さっそく、今日の日経産業新聞の
気になった記事です。

──────────
■10月4日配信記事■ポケモン売れ行き好調
──────────

任天堂の携帯型ゲーム機ニンテンドーDS向け人気
ゲームソフト ポケットモンスターの売れ行きが
好調だ。

DS本体は世代交代で買い控えの雰囲気が漂うが、
4年ぶりとなるポケモンの新作は、発売後1週間で
DS対応ソフトとしては最高の本数を販売した。

ゲーム専門誌発行のエンターブレインの調べでは、
新作は発売から2日間で260万本が売れ、歴代累計
販売本数でもすでに上位10位に入った。

歴代のDS対応ソフトの上位10作品を見ると、
任天堂製品が6種類。

ポケモン製品3種類と、任天堂がらみで
ほとんどを占めている。

いかに任天堂がユーザのニーズを捉えているのかが
よくわかる。


──────
■編集後記■
──────

なんだか、左の手首が痛い。
もしかして、腱鞘炎か・・・

ということで、キーボードのメーカーにあわせた
パームレストを購入。役に立つかなぁ。。

http://amzn.to/b30hSd

最近、文章つくりまくっていたからかなぁ。。


───────
■語録・名言■
───────
空想は実現のもと。
内円の動が外円を支配する。

三船久蔵


...─...─...─...
【 タイトル 】 今日の日経産業新聞~特集記事でトレンドをつかめ~
【発行・編集 】 宇城利浩
【ウェブサイト】 http://blog.sac-office.net/
【ウェブサイト】 http://tool.hp-master.info/web/mm.html
【ウェブサイト】 http://www.sac-office.net/
【 メール  】 info@sac-office.net
【登録・解除 】 http://www.mag2.com/m/0000292445.html
【 免責事項  】 内容は十分調査しているつもりですが、間違いなどが
         ある可能性もございますのでご了承下さい。
【発行システム】『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/

【発刊の目的】http://blog.sac-office.net/cat3/mailmagazine.html

...─...─...─...─...
■裏編集後記■
...─...─...─...─...
さて、次のテーマですが、この本を1章ずつ読んでエッセンスを
まとめてみたいと思います。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4894716577?ie=UTF8&tag=funbescastle-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4894716577

再度、第一章から読み直ししています。w

■第一部第一章


▼主要な顧客市場

消費者市場、ビジネス市場、グローバル市場、非営利市場という
4つの主要な顧客市場について検討してみる。

1.消費者市場
膨大な消費者を相手にする財やサービスを売る企業は、優れた
ブランドイメージを確立するために多大な時間を費やす。
ブランド力は、優れた製品の開発とパッケージング、入手のしやすさ、
そして人を惹きつけるコミュニケーションと信頼サービスの支援に
かかっている

2.ビジネス市場
ビジネスマーケターは、購買担当者に対して、収益拡大やコスト削減に
自社製品がいかに役立つかを具体的に示さなければならない

3.グローバル市場
財とサービスをグローバル市場で販売する企業はさらなる難問に直面する。
どの国に進出するのか、どのような形態で進出するのか、特徴を
それぞれの国にどう適合させるのか。
文化や言語や法制度、為替相場といったさまざまな条件を考慮しなければ
ならない

4.非営利市場
協会、大学、慈善事業団体、政府機関のような非営利組織を相手に財を
販売する企業は、最新の注意を払って価格を設定しなければならない。
このような団体の購買力が限られているためである。


▼市場に対する企業の方針

企業がマーケティング活動を進める際に従うのは、5つの相容れない
コンセプトである。

1.生産コンセプト
最も古いビジネスコンセプトの1つである。
どこでも手に入れられて価格が手頃な製品を消費者は好むという考え方
である。
生産志向の経営者は、生産性を高め、コストを下げ、大量に製品を
流通させることに専念する。

2.製品コンセプト
品質や性能が最高だったり革新的な特徴のある製品が消費者に
好まれるという考え方である。
しかし、製品に執着するあまり、より良いネズミとりに例えられる
過ちを犯す可能性もある。今よりも良いネズミ取りを作れば
大ヒットするだろうと考えてしまう。

3.販売コンセプト
企業側が何もしないと消費者や企業は製品を買ってくれないもの
だという考え方。
そのため企業は、精力的な販売とプロモーション努力をしないと
いけない。
保険、百科事典、墓地など市場が求める物を生産することよりも、
自社が生産した製品を売ることが目的となる。

4.マーケティングコンセプト
製品志向の市場に出して売る方針から、顧客志向の感じ取って応じる
方針に移行した。
マーケティングはハンティングではなくガーデニングなのである。
自社の製品にふさわしい顧客を見つけるのではなく、自社の顧客に
ふさわしい製品を見つけるのが仕事だ。

5.ホリスティックマーケティングコンセプト
21世紀のマーケターは従来のマーケティングコンセプトを超えた、
もっと全体的で包括的なアプローチをとる必要性を認識する
ようになってきている。
マーケティングのプログラム、プロセス、活動それぞれの幅と
相互依存性を認識した上で、開発設計し実行することをいう。
マーケティングに関してはすべてが重要であり、幅広く統一感の
ある視点が時として必要である。

 

...─...─...─...─...
下記は、自分の情報をまとめるための備忘録です。
何か思い出したとき、気づきがあったときに、増えていくと思います。

...─...─...─...─...
▼ 得意なスキル
・ ウェブ制作
・ SEO対策
・ PPC広告
・ コンテンツ販売
・ 商品代理販売
・ 速読
・ 将棋
・ オセロ
・ 5目並べ

▼ 取得資格
・ MCP
・ OracleMaster
・ CompTIA
・ MCA
・ 基本情報技術者試験
・ .com Master
・ FP技能検定
・ 簿記検定

▼ ウェブ制作した業種
・ ウェディング業
・ 表札販売
・ 漆器販売
・ カーテン販売
・ 壁紙販売
・ 人材ビジネス業
・ 飲食業
・ 旅行代理店
・ 寿司販売
・ リサイクルショップ
・ 住宅販売
・ 印刷業
・ お酒販売
・ 食品販売
・ 公的機関
・ 不動産業
・ リボン製造業
・ 機械製造業

▼ 価値のある本
・ 学問のすすめ
・ Den Fujitaの商法
・ 神話の法則
・ 影響力の武器
・ 人を動かす
・ 自省録
・ 自助論
・ 類語国語辞典
・ メイキング・オブ・スター・ウォーズ
・ ハイパワーマーケティング
・ ドラッカー名著集
・ 世界一やさしい問題解決の授業

▼ 仲の良い人が経営している業種
・ 広告代理店業
・ 経営コンサルタント
・ 人事コンサルタント
・ 飲食業
・ 人材派遣業
・ システム開発
・ ウェブ制作業
・ 不動産業
・ ナレーター
・ 講師業
・ 映像制作業
・ 物販卸業
・ ブランドリサイクル

▼ マインドセット
・ 古い自分を捨てる
・ 初心者の気持ちを忘れない
・ 知っていると思ったら進化は止まる
・ コントロールできないものをコントロールしない
・ うまくいくことだけ続ける
・ うまくいかないことはすぐやめる

▼ 開発済みシステム
・ ヤフカテ登録システム
・ Youtube用支援ツール
...─...─...─...─...

 

インターネットの住所にあたるIPアドレスを
定める通信企画IPv4が来年5月にもなくなる
見通しになり、ネット業者間で危機感が高まって
いる。

IPアドレスを大幅に増やす次世代企画IPv6への
移行が進んでいない。

IPv6は安全性を十分に検証できておらず、課題を
抱えたままタイムリミットが近づいている。

空きアドレスは2億個を切り、残りは全体の5%。
一部事業者はIPv4の確保に走り始めたという。

残された時間はなくなりつつあるなかで、セキュリティ
の安全性を本格的に検証する企業が増えてきた。


──────
■編集後記■
──────

今日で10月に入って残り3ヶ月。
ここまでは、気持ちよく仕事できる案件も結構多く、
なかなかよかったんじゃないですかねぇ。。

先日、山のような領収書を仕訳していて、今年の
中間決算をしていたが、異常に支出が多いことに
気がついた。。w

これが悩みといえば悩みになるのかな。。

先日、とあるセミナー音声を聞いていて、傍から
みるとかなりノリノリのような気がするが、
やはりその人も悩みがあるという。

まぁ、悩みがない人はいないでしょうが・・・

ただ、解消法がおもしろい。

「2時間以上悩まない。」ということでした。

これは使えるね。
元々、あまり悩まない方だが、たまに、
2日ほど悩むことがあった。

でも、正直、2時間悩めば済むレベルなんですよね。

2時間以上悩まない。
これは、いいんじゃないでしょうかね。


───────
■語録・名言■
───────
どんなに悔いても過去は変わらない。
どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。
 いま、現在に最善を尽くすことである。

松下幸之助(松下電器産業創業者)


...─...─...─...
【 タイトル 】 今日の日経産業新聞~特集記事でトレンドをつかめ~
【発行・編集 】 宇城利浩
【ウェブサイト】 http://blog.sac-office.net/
【ウェブサイト】 http://tool.hp-master.info/web/mm.html
【ウェブサイト】 http://www.sac-office.net/
【 メール  】 info@sac-office.net
【登録・解除 】 http://www.mag2.com/m/0000292445.html
【 免責事項  】 内容は十分調査しているつもりですが、間違いなどが
         ある可能性もございますのでご了承下さい。
【発行システム】『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/

【発刊の目的】http://blog.sac-office.net/cat3/mailmagazine.html

...─...─...─...─...
■裏編集後記■
...─...─...─...─...
さて、次のテーマですが、この本を1章ずつ読んでエッセンスを
まとめてみたいと思います。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4894716577?ie=UTF8&tag=funbescastle-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4894716577

再度、第一章から読み直ししています。w

■第一章第一部

▼マーケティングとは何か

マーケティングとは、人間や社会のニーズを
見極めてそれに応えることである。

最も短い言葉で定義すれば、
「ニーズに応えて利益を上げること」
となる。

アメリカマーケティング協会は、
「マーケティングとは、顧客に向けて価値を創造、伝達、提供し、
組織および組織をとりまくステークホルダーに有益となるよう
顧客との関係性をマネジメントする組織の機能および一連の
プロセスである」

社会的定義としては、
「マーケティングとは個人や集団が製品およびサービスを創造し
提供し、他社と自由に交換することによって、自分が必要とし
求めているものを手に入れる社会的プロセスである」

ピータードラッガーは、
「セリングの必要性はこれからも続くだろうと考えられる。
しかしマーケティングの狙いはセリングを不要にすることだ。
マーケティングの狙いは顧客を知りつくし、理解しつくして、
製品やサービスが顧客にぴったり合うものになり、ひとりでに
売れるようにすることである。理想をいえば、マーケティングの
成果は買う気になった顧客であるべきだ。そうなれば、あとは
製品やサービスを用意するだけでよい」

 

▼だれがマーケティングをするのか

マーケターとは見込み客と呼ばれる他社からの反応を求めて
いる人のことである。

マーケターは需要管理の責任を負っている。
需要には8つの状態が考えられる。

1.消極的需要
消費者が製品を好まず、それを避けるための代価を払うこと
さえいとわない場合もある。

2.ゼロ需要
消費者が製品を知らない。あるいは興味がない。

3.潜在的需要
消費者が既存製品では満たされない強いニーズを共有している

4.需要減少
消費者が製品を購入する頻度を減らしたり、全く購入しなくなる。

5.不規則な需要
消費者の購入が季節によって、月によって、週によって、日によって、
時間によって異なる。

6.十分な需要
消費者が市場にでたすべての製品をちょうど良い具合に購入して
くれる

7.需要過剰
消費者が購入したがる製品の供給が追いつかない

8.不健全な需要
社会的に望ましくない結果をもたらす製品に消費者がひきつけられる。

月別アーカイブ

このサイトを購読する

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

このサイトについて

このサイトはSACオフィスが運営しています。 サイト内のコンテンツはインターネット上で情報収集したり、直接調査した情報を掲載しておりますが、内容に間違いなどありましたらお手数ですが、メールフォームからご連絡ください。


携帯サイトは、下記からどうぞ。 更新!今日の日経産業新聞~特集記事でトレンドをつかめ

2013年7月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

日経産業新聞で気になった記事を、独断と偏見で自分のコメントと合わせてメルマガ・ブログで配信することにしました。 その時々の備忘録的な意味も含めて書いていますので、利用できそうなところはご利用ください。