2009年1月アーカイブ

グーグル増収率 初の20%割れ。

MS部門赤字脱却見えず。

12月業績で、インターネット広告市場の変調を移す結果となった。

グーグルの増収率の鈍化、MSはネット部門の赤字が拡大した。

グーグルのエリックシュミットCEOが、「今後は未踏の領域」と指摘する。

今後は、画像広告や携帯向け広告など新市場開拓を目指す戦略となる模様。

【所感】

ネット広告は、世界で一番効率のよい広告と言われている。

数値で効果測定ができ、かつ、いつでも始められいつでもやめられる。

昔、広告というのは、一部の広告代理店を通してしかできなかった。

それが、いまや個人レベルで自由に出稿できるようになったというのが、革命的だろう。

品質が一番よいのが、もちろんグーグルが提供するアドワーズという広告媒体だ。

しかし、ネット広告が変調をきたしているという。

それは、アドセンスというサイト運営者が広告をとりこむことのできる仕組みからも判断できる。

クリック率が近年悪くなっている。

サイトの作りどうこうという問題だけではなく、ユーザが、広告と「わかってきている」のだろう。

人は売り込まれると途端にシャットアウトする。

ネット上でも当然同じ。

さて、今後は、全く予想だにしない広告媒体が、更に現れるのか。

それとも・・・

 

タカラトミーやセガトイズなど玩具メーカ7社は、「トイフォーラム2009」を開いた。

消費の冷え込みを反映し、大人が手軽に遊べる低価格商品が目立った。

セガトイズ子会社のタイヨーは、声で操作できる無線操縦ヘリコプターを出品した。

タカラトミーはボードゲーム人生ゲームの極辛版を。

エポックは、ジグソーパズルを組み立てる速さで達人を認定する「ジグソーパズル検定」など検定用パズルを4月に発売すると発表した。

【所感】

今までも大人向けの玩具は出てきたが、どうなんだろう。

お金を使うのは大人だからといっても、やっぱり玩具は子供向けに力を入れるべきなのかな。なんて・・・

高額商品にシェアリングの波。

顧客の価値観は、物を持つことに価値を感じた所有価値から、物の使い方に価値を見いだす使用価値の時代へ転換しつつある。

急速に広がりつつあるのは、シェアリングシステムだ。

物は使うときに価値を発揮すればいいだけで、使わないときも持ち続けることは、本来意味がないということをうまくシェアリングでカバーできそうだ。

有名なのは車のシェアリングだが、高級ブランドバッグなどをレンタルするホームページも注目されている。

【所感】

http://www.cariru.jp/

これは今後有望なサイトになりそうな気がする。

ブランドのリサイクルショップも飽和している中で、同じようなサービスはどんどん出てくるのではなかろうか。

以前は、時計などのレンタルをスポーツ紙などで見かけたことがあるが、一般的なサービスになる可能性がありそうだ。

ネットとスポーツ紙ではターゲットが異なることが想像できるので、両方有望だろうが。。

 

大塚製薬のスキンケア商品「ウルオス」が、販売を伸ばし始めた。

スキンケアに無関心な人が多い40代のミドル男性の市場に挑んでいる。

プロモーションとしては、ターゲット層にスキンケアの週間がないことから

実際に試用してもらうプロモーションに重点をおいている。

【所感】

メンズコスメは、宣伝を止めると途端に売れなくなる難しい市場といわれている。

仮にスキンケアがミドル男性の習慣になったとしても、二番煎じで競合が増えることは間違いないだろう。

市場を作るより、見定めてから参入する方がビジネス的にいいのだろうが、大塚製薬はそこで得たマーケティングの知恵を他に活かすことができる。

1年後ぐらいにメンズコスメ市場がどうなっているか楽しみだ。

転送速度を速めたUSB3.0の規格が来年にも本格普及しそうだ。

もともとUSBは形状や転送速度がバラバラだったが、使い勝手向上のため定められたものだ。

USB規格転送速度参考ページ
http://www.master-program.net/contents/comptia/hw_usb.html

当初は、マウスやキーボードのみの利用だったが、USB2.0が登場し、パソコンが一気に対応することで、普及した。

他にも高速な接続機器はあるが、使い勝手と使える機器の多さから非常にUSBは便利。

恐らく、USB3.0対応機種も一気に広がると思われ、必須の規格となるでしょうね。

 

米国のオバマ時期大統領は風力や太陽光など再生可能なエネルギーの開発・導入に、10年間に1500億ドル投じ、500万人の新規雇用を創出すると宣言している。

いくつかの先進国は、グリーンニューディールに活路を見出す構えとされ、日本も同じ方向に追随すると思われる。

夢物語で終わらなければいいが。。

飲食店でたばこの煙を不快に感じたことがある喫煙者が46.5%に達する。

禁煙者は、90%近い。

喫煙者に言わせると、換気が悪い。においがキツイ、自分と異なる銘柄のタバコが嫌い。など理由は多岐にわたるそうだ。

煙を不快だと感じた喫煙者の43.0%は、その店を使わなくなると言う。

飲食店は、対策を怠ると顧客離れの原因となるかもしれない。

日本経済新聞社は、2008年の「日経優秀製品・サービス賞」の対象を決めた。

以下に最優秀賞を掲載する。

 

小型車iQ:トヨタ自動車

PB商品「セブンプレミアム」:セブンアンドアイホールディングス

がん放射線治療装置「MTI-TM2000」:三菱重工業

「薄膜太陽電池一貫製造ライン」:アルバック

ロボットスーツ「HAL」:サイバーダイン

郊外型ショッピングセンター「イオンレイクタウン」:イオン

蒸気で目元を温めるアイマスク「めぐりズム蒸気でホットアイマスク」:花王

衣料用液体洗剤「香りつづくトップ」:ライオン

第三のビール「クリアアサヒ」:アサヒビール

納豆「金のぶつ あらっ便利!」:ミツカングループ本社

「がん長期サポート特約」:住友生命保険

パソコン「EeePC 901-X」:ASUS

 

月別アーカイブ

このサイトを購読する

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

このサイトについて

このサイトはSACオフィスが運営しています。 サイト内のコンテンツはインターネット上で情報収集したり、直接調査した情報を掲載しておりますが、内容に間違いなどありましたらお手数ですが、メールフォームからご連絡ください。


携帯サイトは、下記からどうぞ。 更新!今日の日経産業新聞~特集記事でトレンドをつかめ

2013年7月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

日経産業新聞で気になった記事を、独断と偏見で自分のコメントと合わせてメルマガ・ブログで配信することにしました。 その時々の備忘録的な意味も含めて書いていますので、利用できそうなところはご利用ください。