2008年6月アーカイブ

ネット上の動きは本当に早いです。SEO対策についても今後どう変わっていくのか、全く予測がつかない状態でもあります。

直近の話題としては、下記のようなことがありました。

・YST(ヤフー・サーチ・テクノロジー)の仕様が大きく変わり思いがけぬ順位変動があった
・オーバーチュアの広告掲載基準が厳しくなり、かなりのサイトが広告削除の対象になりオーバーチュアで表示されなくなった
・まぐまぐ(メールマガジンでトップシェア)の代理登録有料化が始まった
※代理登録とは、同意を得たユーザのメールアドレスを発行者が自分のメールマガジンへ登録すること


インターネットの世界は、たった一夜にして大きく状況が変化するところです。
以前は、インターネットの進歩について、「ドッグイヤー」と呼ばれていました。これは、犬の1年は人間の7年に相当することから、犬の年のとり方と同じくらいに速く進んでいくということを揶揄されたものでした。


しかし、現在は・・・


インターネットの進歩は、「マウスイヤー」と呼ばれています。マウスの1年は人間の18年に相当するところから、そう表現されていますが、これがどういうことか分かりますか・・・


気がついたときには時既に遅し。という現実が待っています。
効果がありそうなものは、今すぐ始めた人が最終的に勝つ時代になってきているのではないでしょうか。

■あなたは、どちらの言葉を使いますか?

・○○会社のホームページって綺麗だよね!
・○○会社のウェブサイトって綺麗だよね!

 

 

 

どうでしょうか。

恐らく、ホームページという単語を使われている方が多いのではないでしょうか。

 

 


もちろん、どちらも間違いではないですし、下記に示すように月間に検索される
単語としても、ホームページが圧倒的に多いわけです。


99544回/月 ホームページ

1852回/月 ウェブサイト

 


でも、ホームページという単語は、基本的にネット関連業界の方々やデザイン
会社の方々は使っていないですよ。


つまり、いざホームページ制作をどこかの会社に依頼するときに、ホームページ
という単語を連発すると、この人はど素人なんだな。と思われてしまうことも
ありえるということなのです。

 

これがどういう事態を招くかは・・・・分かりますよね?

 

そもそも、ウェブサイト制作を依頼するにあたって担当者が受注者に何も
言えない状態では、本来の目的(目的は様々あるでしょう)を達成する
ウェブサイトなど到底作られるわけがありません。

 

是非、ウェブサイトという単語を覚えてみてはいかがでしょうか。
それだけでも分かる人は分かるということです。

月別アーカイブ

このサイトを購読する

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

このサイトについて

このサイトはSACオフィスが運営しています。 サイト内のコンテンツはインターネット上で情報収集したり、直接調査した情報を掲載しておりますが、内容に間違いなどありましたらお手数ですが、メールフォームからご連絡ください。


携帯サイトは、下記からどうぞ。 更新!今日の日経産業新聞~特集記事でトレンドをつかめ

2013年7月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

日経産業新聞で気になった記事を、独断と偏見で自分のコメントと合わせてメルマガ・ブログで配信することにしました。 その時々の備忘録的な意味も含めて書いていますので、利用できそうなところはご利用ください。